〜 更新終了のお知らせ 〜

当ブログの更新は2013年をもちまして終了いたしました。
来年もよいお年を〜。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


明日は管理画面にログインする予定です。

以前までは毎日のようにアフィリの管理画面にログインしていたものですが、最近は月に1回程度しかアクセスしなくなってしまいました。

以前まででしたら、毎日のように確認していたのですが、報酬額が増えていくのが楽しくでしょうがなかった時期もあったのです。

ただ、これにかかる膨大な税金に対しての恐怖感みたいなものが、次第に私をサイト運営から遠ざけてしまった次第です。


給与とは違い、アフィリエイト報酬に源泉徴収はありません。

来年度に支払う税金を確保しておかなくてはいけませんので、この面で非常にストレスがたまるわけです。

10万、20万ぐらいの税金なら何とでもなりますが、500万円とかの税金を別に確保しておかないといけない状況というのは非常につらいものがあります。

生来、あればあるだけ使ってしまう性格のわたし…。

加えて、株なんかもやってますし、アフィリエイト収入は不安定な面もあるわけですから、1年後の税金が払えなくなる可能税も存在するわけです。


もし、税金を延滞するともなると14.6%の利率でかかってきます。
サラ金やキャッシングローンでも100万円単位の場合の利息はせいぜい数%程度ですので、かなり高い利息になります。

また、サラ金なら破産して免責を受ければ債務は免除されますが、税金は対象外ですので、法人でもない個人事業主ならば、個人がずっと背負っていかなくてはならなくなるわけです。


そのような恐怖感から、次第に報酬額を確認する楽しみみたいなものが、私の日常から失われるようになっていきました。

でも、もう一度だけがんばって、管理画面にログインしてみる予定です。

高額な税金でブーブーゆうのは一種のステータスだ

年末調整の時期に入ってきましたが、税金の処理には何かと手間のかかる作業が発生してしまいます。

私の場合は法人を運営しておりますが、一人会社ですので、税金関係の処理や記帳などで時間がとられてしまい、本来のサイト運営にもかなり支障をきたしている状況なのです。

法人の経理担当者が年間いくらの給与をもらっているのかは知りませんが、平均年収では500万円前後になるかと思います。でも、私の場合は自分の会社ですので、いくら正確な処理をしてもお給料を頂けるわけではありません。

よく社長さんなんかが税金を払うために働いているようなものだというのは、高額な納税を負担するという意味もありますが、その税金の処理にかかる膨大な手間も自費での負担になるため、「高額な税金+税務処理にかかる労力」でかなりの負担になる側面もあるわけです。

「税金を払えというなら、税務署の方で計算してくれよ。」とも思うわけですが、基本的に自己申告ですので、関連する手間はすべて納税者にて負担しなくてはいけないわけです。

そのような面を考えますと、いっそのこと個人成りして白色申告で済ませ、売上を伸ばすことに全力を集中した方がいいのかなとも思います。


ただ、「税金がどうの」と文句をいってブーブーいえるのは、一種のステータスでもあるわけです。
低所得者が税金で文句をいってるのはあまり聞いたことがありませんし、税金が高いとブーブーいっているのはいつも決まって高額所得者です。

逆にいえば、税金でブーブー言えているうちが花ですので、税金でブーブー言えなくなったら終わりです。

高い税金に文句をいえる今の状況に感謝し、来年もぜひ高額な税金でブーブー言いたいものですね。

アフィリエイターは現代における錬金術師だ

複数のサイトを運営してアフィリエイトをしているのですが、無限に増やしていくわけにはいきません。やはり、一人でやるにはサイト数の限界があります。サイト数が増えれば増えるほど、更新時間やドメイン数、サーバー数などで限界が出てきます。

ひとつのサイトでしたら毎日でも濃厚に更新できますが、10サイトを毎日更新するわけにはいきません。無理に更新しようとすれば、コンテンツの薄い内容にするか記事を購入してくる他なくなります。
管理サイト数とコンテンツの品質は反比例の関係にあるわけです。

そこで、私は多数の分野で分散して複数のサイトを管理することにしております。

日常生活において、各ジャンルで毎日何らかのビックニュースは飛び込んでくるものです。
それはそのまま記事ネタになりますので、それが出てきた時にサイトを更新するようにしています。

これをひとつのジャンルで、毎日のようにサイトを更新するとなると記事ネタが続きません。
多数の分野でサイトを作成することにより、管理サイト数の限界を突破することが可能になるわけです。

さらにこれを拡大して、ビックニュース以外の個人的なニュースも私はアフィリするようにしてます。
猫がころんでもアフィリエイト、おならが出てもアフィリエイト、この世の森羅万象ありとあらゆるものをアフィリしてお金に変えていく。

アフィリエイターは現代における錬金術師といっても過言ではないでしょう。

高単価で魅力ある案件を掲載するのがポイントだ

お客さんのところに売りに行くよりも、お客さんがやってきてくれるビジネスモデルの方が収益を効率よくあげられるといわれています。商品力のある魅力的なものを販売しているなら、あえて強く営業をしなくても向こうからやってきてくれるからです。

たぶん、来るなといっても来るかもしれません。

仮に営業活動をするとしても、後ろからポンと押すぐらいで購入してくれるでしょう。

一方、魅力のない商品の場合は強く押す必要が出てきます。黙っていても売れない商品になりますので、飛び込みなどで営業をかける必要性が出てきてしまうわけです。

この場合、お客様の方にとっても、買わされている感が出てきてしまいますのであまり満足度は高くありません。

アフィリエイトする場合でも同じことがいえます。

魅力のある商品の場合、サイトにちょこんと広告を掲載しているだけでバンバン件数の上がる案件というのがあるわけです。

一方、いまいちな案件の場合、仮に高単価をもらったとしても、件数自体がぜんぜん上がらないため、高単価は絵に描いたもちで終わってしまいます。

また、訪問者にとってみても、ゴリ押しされている感が出てきますので、あまり心地よく思われることはないでしょう。結果として、サイト自体の魅力をも失わせてしまうことになるわけです。

高単価で魅力ある案件を掲載する。

これがアフィリエイトにおいての重要なポイントになるかもしれませんね。


優良なドメインの購入に費用をかけるべきだよね

 アフィリエイト報酬も月間100万円、200万円と超えてきますと、サイト運営の感覚も鈍ってくるものですが、一番の難点は更新頻度が低下することかと思われます。

やはり税金とかも多くなってきますし、そうしますと法人化とかも考えなくてはいけません。
そして法人化するなら帳簿をつけるとか、自分の給与管理とか源泉徴収とか面倒なことがいろいろ出てきます。

加えて、サイトの管理数が多いと広告の掲載依頼も毎日のようにやってくるわけですし、メールや電話対応などにも時間をとられてしまい、ウキー!ってなっちゃうわけです。

そこまであくせくがんばっても、利益の4割は確実に税金で消えてしまいますが、税金を少なくしたいなら、この利益の部分を消すしかありません。

結果として必要もないのに高額な買い物をして経費に計上したりして、結局は手元にお金が残らない、そんな状況になってしまうわけです。

けれども、この経費の部分を何に使うのかが一番重要な要素となる気がしておりますが、高額なサーバー契約や使いもしないプロ向けのソフトを購入したり、あるいは記事の購入に無駄にお金を使うべきではありません。

そんなのに費用をかけるなら、いっそのこと利益の部分を無理に圧縮せず、素直に4割の税金を払って、残りの6割を手元にお金を残した方がましです。

ただ、優良なドメインの購入につきましては、私は費用をかけてもいいのではないか、そう思うわけです。
優良なドメインパーキングを利用すれば、SEO抜きでも収益化がはかれるわけですし、また、コンテンツをあてがってサイト運営に使用したとしても収益化は可能です。

一方、サーバー契約に費用をかけたとしましても、それ自体ではお金を生み出すものではないわけですので、もし、費用をかけるのなら、ドメインの購入に使うことをおすすめします。

アフィリエイト報酬とはいったい何なのか?

日本社会のおけるアフィリエイト報酬の存在意義を考えてみますに、
極めて特殊な環境におかれている報酬体系のように感じております。

個人的な面で申しますと、私の場合、
実質的な作業時間というのは、先月はせいぜい10時間程度なのですが、
それに対する報酬金額は、月給レベルでは東京都知事以上が
あるわけですので、「これはいったい何なんだろう?」
という不思議な感覚があるわけです。

もちろん、知事の退職金は数千万円はあるので、
あくまで月給レベルでのお話になるわけですが、
常識的な感覚でいいますと、知事の1万分の1ぐらいしか働いてないのに、
月収がそれ以上あるのは不条理の気がしてしまいます。

また、1日になおすと数十分程度しか労働してないのに、
月数百万円の収入があるというのは、一般労働者の方に対して、
どこか申し訳ない気もしてしまいます。

誰もがいわないことかと思いますが、
アフィリエイターの報酬は高すぎる傾向があるわけです。


ただ、世の中には、時給換算で数百万円の方もいらっしゃり、
BNFさんなんかが有名ですが、累計数百億円を稼ぎ出している方も
実際にいらっしゃいます。

これらに共通しているのは、すべてが“不労所得”である点にあります。


「働いたら負け」という格言がございますが、
これは現在の日本社会の実情を的確に表現している言葉ではないでしょうか。

労働環境がねんねん厳しさを増す日本社会を生き延びるうえで、
時間を切り売りする形での報酬を得ているようでは、
時間の無駄といっても過言ではありません。

今後はアフィリエイト報酬などに代表される
不労所得をいかにゲットしていくかが焦点となっていくことでしょう。


アフィリエイト恐怖症の克服方法

 サイトアフィリにおいて一番ネックになりますのは、SEO対策でもCVRでも広告選びでもありません。一番やっかいなのは、マインドの部分になるわけです。月200万円以上のアフィリエイト報酬が発生するようになり、それが1年、2年と継続してきますと、何かと精神に異常をきたすようになってきます。

お金の部分でいえば、高額な税金負担や友人や家族からのお金の無心、あるいは金銭感覚のマヒにより、お金を得ることに対するむなしさみたいなものが出てきます。
累進課税により、稼げば稼ぐほど税金の負担割合が大きくなるので、1年の半分はほぼ、税金のためだけに働いているような状態になります。

頑張って通常の2倍程度の特別単価を頂いたとしても、税金負担は数倍になっているわけなので、通常単価とあまりかわりはありません。また、サイト運営によるアフィリエイト収入は不安定なものなので、次年度、莫大な税金を納付する際に収益が悪化していたら、どうしようもなくなるわけです。

予定納税の制度はあるものの、それでも一般的なサラリーマン年収の2倍程度の納税が必要なわけなので、働いて返せる金額ではないわけです。税金と比較すると、まだ、サラ金の方がかわいいものかと思います。

そのような状況のなか、毎日、検索順位をチェックして対策することになるわけですが、数千万円をかけて、かなりのプレッシャーのもとでサイト運営の日々が続きます。

上記のような生活が何年も続けば、アクセス解析はおろか、順位チェックに対する苦痛のようなものが出てきますので、いわゆる検索順位恐怖症にかかってしまうことになり、一切、順位チェックはしなくなってしまうことでしょう。

このような恐怖症に陥った場合、一点突破法を私は採用するようにしています。
サイト運営への恐怖は、サイト運営によってしか克服できません。

自分の趣味となるブログやホームページを構築し、アフィリエイト収入は度外視して、毎日、自分の楽しみのために更新するわけです。


そうすると、知らず知らずに忘れかけていた何か大切なもの、アフィリエイトをはじめた頃の懐かしい記憶がよみがえってくることかと思います。
次第に、サイト運営にも熱が入り、アフィリエイトに対する恐怖心が克服されることかと思います。

納税のわくわくシーズン到来

 アフィリエイトで稼ぐ、それは何のために稼ぐのかというと、たくさんのお金を納税して地域社会と日本のお役に立ち、ひいてはわたしたちの未来のために少しでも貢献するためです。加えて、経済大国である日本の税収は、世界各国の経済にも多大な影響を及ぼしています。日本経済に貢献すること、それは世界へ貢献することでもあるのです。

決して贅沢な暮らしをしようとかそういうわけではなく、日本と世界の未来、ひいては人類の豊かな未来のため、崇高な目的を持ってアフィリエイトで稼いでいるわけです。

なので、納税シーズンがやってくると自然とわくわくしてしまうものです。

先月は「所得税」の引き落としと「年金」の一括払い、そして夏には「住民税」に「健康保険」、「予定納税」に「事業税」、加えて秋口には「予定納税2回目」と活躍の場が次々やってきます。
総額でいえば、ポルシェを買えるぐらいの金額にはなることでしょう。

けれども、ポルシェの1台や2台、ささいなものに他なりません。
子供たちのよりよい未来のために私たちが今できること、それはアフィリエイトで稼いでたくさんの金額を納税することなのです。

ただ、今年の納税額を考えてみると、力およばずといった感じでしょうか。

日本の国民一人あたりの借金でいえば、現在では800万ぐらいのようですが、せめて最低でも1千万単位、できれば億単位の納税をしなければ、ほとんど意味がないような気がしてしまうわけです。

来年こそは、1億ぐらいを納税できるよう、がんばりたいと思います。

「アフィ」には、どこか間抜けな響きがございます。

 「アフィ」というとどこか間抜けな響きがございますが、社会的な地位はかなり低めの傾向があるわけです。以前、ライターの依頼で記事の納品を依頼したことがあるのですが、アフィリエイトサイト用の記事であることを伝えると断られてしまったことがあります。

つまり、アフィリエイトにつきまとう社会的な印象は、けっこう悪いわけなのです。

ただ、ある程度の能力のある人が、本気でアフィリエイトをしてもらっては困る事情もあるわけです。そもそも数の少ないパイを大勢のアフィリエイターで分け合う(というより奪い合う)わけですから、東大卒とかハーバード大卒のような能力のある人が、気軽にアフィリエイターになってもらっては困ります。

「アフィなんて、私は死んでもやりませんよ。」っていう方の多い方が、今後も何かと好都合なわけです。

そのような意味で、アフィリエイトの社会的な評価については、底辺レベルであることに越したことはありません。多少なりとも高学歴の人は、絶対に手を出したくないイメージが漂っていることが重要なわけです。

現在の社会状況でいいますと、がんばって弁護士の資格をとったとしても、それほど仕事はないようです。弁護士になれたとしても、3人に1人が年収300万円程度というデータもあるようでビックリしてしまいます。
300万円なら、アフィリエイトでひと月で稼いでいる人もいるでしょうし、私でも2か月もマジメにやれば十分に稼げる金額です。

もちろん、ピンキリでしょうけれども、もし基礎学力の高い人がアフィリエイトに参加するようになってきてしまいますと、今後は稼げなくなってきてしまう可能性も高いわけです。今後も稼ぎ続けるために必要な要素としましては、アフィリエイトのイメージの低いことが大切になるわけです。

アフィリエイトで生計を立てている方は、社会的に怪訝な目で見られるケースもあるかと思いますが、そのようなシーンに出会う度、「アフィはまだまだ安泰だ。」と喜ぶことをおすすめします。逆に、世間的にあたたかいまなざしが向けられてきた際には要注意です。稼げなくなる時期がすぐそこまで来ているのかもしれません。

月収100万円スーパーアフィリエイターの実際のところ…

先日、月に100万円稼いでいるアフィリエイターが、フェラーリを買ったとかいうランディングページを見ていたのですが、ぶっちゃけ、100万程度ではセレブな生活にはぜんぜん手が届きません。

月収100万円のスーパーアフィリエイターとかいうと、思わずスゴイナーとか思っちゃう初心者の方もいるかもしれませんが、実際のところでいえば、そうそう贅沢ができるわけでもないのです。

月100万円でも年収1200万円程度なわけで、そこから経費を200万ひいて、税金で300万ひいて、生活費で300万円ひいてって感じになれば、使えるお小遣いは正味、400万円ぐらいなものです。

400万円ではポルシェも買えませんし、フェラーリも買えませんし、ましてはマンションなどはもってのほか。つつましい生活を送らざるを得ないのです。

一方、これが月収150万円ではどうでしょう?

年収1800万円ということになりますが、この段階で税率がマックスに達してしまいますので、50%の税金がかかることになります。そうるとどうしたことでしょう、1800万円の収入があったとしても、なんだかんだで手元に残るお金は少ないのです。
外車や別荘などもってのほか、いたって普通の生活をすることにかわりありません。

ただ、毎日、1万円ぐらいは自由に使えるお小遣いができるかもしれません。おそらく、数万円単位の買い物では、値段を気にすることはなくなるはずです。たぶん、10万円程度の買い物でも、あまり躊躇することはなくなるはずでしょう。

けれども、フェラーリやマンションを購入するには、月収で1000万円程度がないと、おそらくはぽんぽんと買えないはずです。月収100万といっても、急激に生活レベルが上がるわけではなく、そのへんのサラリーマンとたいして違いはないというのが実際のところなのです。

selected entries
links
categories
archives
sponsored links