〜 更新終了のお知らせ 〜

当ブログの更新は2013年をもちまして終了いたしました。
来年もよいお年を〜。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


結果的に時間差でのSEO対策となる

先ほどこのブログで表題のエントリーを投稿したのですが、公開ボタンを押したとたんに書いた記事が全部きえてしまったんです。確か、時間差でのSEO対策がどうのという内容だったのですが、これは書き直しの投稿になります。

30分ぐらいかけて書いてたんですが、再度、同じことを書くのはちょっとめんどいです。

前の内容については、まぁ、被リンク対策には時間差が必要といわれていますが、管理サイトが大幅に増えてきた際には手がまわらなくなってしまい、自然と放置状態になってしまうのが普通なんで、結果的にいいあんばいで時間差がでてきて効率的だっていうような感じでした。

そのあたりを詳しめに書いてたんですが、前述のように全部が消えてしまったんで、今回は別のことでも書こうと思います。

最近のボク的なニュースでいいますと、はじめてSEO業者に依頼してみたんです。今までは一人で運営していたんで、SEOも含めて全部自分で対応していたのですが、人の手を借りるのもいいんじゃないのかと。

もちろん、業者の手法によってはペナルティーなどの心配もあるんで、メインサイトではなく、サブのサブサイトを依頼してみたんですが、そのぐらい離れていましたら、何らかのペナルティーを受けたとしても、影響は少ない気がするんで依頼してみたんです。

結果がどうなるのかはちょっと不明なんですが、手法をチェックしてみますとまぁまぁだったんで、多少の効果はあるんじゃないかなと。この結果については、また機会があればご報告させていただきます。

seo対策だけで稼げますか?

ブログアフィリエイトで稼ぐコツは、サイトのSEO対策に専念して、購入率の高いキーワードで上位表示させ、そのランディングページに広告を掲載することだと考えてます。
ただ、上位表示をさせれば、それで稼げるのかというと、そういうわけでもないと思うんです。

やはり、アフィリエイトで実際に成果が発生するプロセスそのものを経験していないと、サイトを上位表示させて広告をはっつけておくだけでは、難しいという気がするわけです。

これはキーワード選びからはじまって、サイト内での誘導の仕方とか、成果の高くなるようなライティング力、あるいはウェブデザインなど、実に多様は要素が必要になってくることかと思います。

リンクの色彩ひとつとってみても、実際のクリック率などは変わってくるわけですので、1位に表示されたからといって、そのまますぐに成果が発生するわけではないといえるでしょう。
ただ、コンテンツ作成力だけあればいいのかというと、そうでもなく、やはり、SEO対策での上位表示によるアクセスアップというのは必要かと思います。

例えていいますと、車の両輪のような感じになるわけですが、どちらが欠けてもだめなわけなんで、全部をやるようにするとよいでしょう。

もし、上位表示したサイトがあるけど、なかなか成果が発生しないという場合、そのまま売却するのもアリです。キーワードにもよりますが、そういう買取サービスなどもありますので、ブログアフィリをする際には、独自ドメインを取得してはじめることをおすすめします。

アフィリエイトサイトへのSEOな影響

SEO対策で最近目だつようになってきたのは、企業サイトが検索結果でヒットすることです。

アフィリエイトサイトよりも上位に表示されたりしているわけですが、企業サイトがSEO対策に力を入れるようになってきたのか、はたまた、ディレクトリ登録などの要素が強くなってきたのか、あるいは関連キーワードの会社の精度が高くなってきたのか、いずれにしても、通常のサイトはあまりヒットしなくなっているように感じます。

この点、アフィリエイトサイトの順位を下落させたから相対的に順位が上昇しているという見方もできるわけですが、とりあえず、自サイトへの影響はまったくなかったのでついていたなと思います。

数年に一回はこのような大きな変動があるわけですが、おととしのヤフー検索がグーグルを採用して依頼の順位変動だったように感じています。
逆にいえば、今回乗り切ることができたわけですので、しばらくは安泰なのかなという気がしております。

この点、下がったサイトというのは、よくよく検証してみるといいかもしれません。
人のサイトを研究することで、何がわるかったのかというのがわかるかと思います。

ただ、私もいろいろと検証してみたりもしているのですが、何がポイントになっているのかはよくわかりません。あれが関係しているような気もするし、これも関係しているような気もするしで、はっきりとはわからないです。

いずれにしても、訪問者に役立つサイトを作るのが一番なのかもしれませんね。

アフィリエイトの外注化は効率的か?

 アフィリエイト収入が多くなってくると、今まで自分でやっていた作業を、お金を出して外注化して楽になりたいという気持ちが強くなってきます。
しかし、実際にそれをやろうとしても、たいていの場合は失敗してしまうことになるケースも多いのではないでしょうか。

自分の意図した文章を他人に依頼して作成してもらう場合、出来上がってくるものはたいていは大幅にニュアンスが違っていたり、意図した内容のものとは乖離しているパターンがほとんどかと思うのです。

その上、費用もかかるわけですし、なかにはコピペで納品されるケースも多いわけですので、自分で作成してしまった方が断然効率のよいというケースも少なくありません。

この点、アフィリエイトをするには、自分でコンテンツを作成するということが前提になるかと思います。この部分で手を抜いてしまうと、のちのち出来上がったサイトを修正するハメになってしまったり、あるいは一からやりなおさなくてはいけないケースも出てきてしまいますので、外注するのは避けた方がよいでしょう。

「楽をしようとすれば、収益が落ちる。」というのは、楽してアフィリエイトで稼ぎたいという趣旨とは反するかもしれませんが、この点で手を抜かなければ、思わぬ収益の増大になってくるのかもしれませんね。

htmlサイトよりCMSでブログ構築した方がSEOのようだ

 SEO対策をする際、ホームページを作成して被リンク元にしている人も多く、そういうのはhtmlサイトというんだそうです。

もちろん、ブログやSNSなどもhtmlで書かれているわけですので、必ずしもホームページに限った話ではないと思うのですが、テンプレートを使用しての20ページぐらいのコンテンツでまとまたタイプのウェブサイトのことを指しているのかと思われます。

この点、個人的には継続な更新頻度がseo対策上のもっとも重要なポイントと考えているので、更新のしにくいホームページタイプというのはあまり好きではなく、どちらかというとCMSなどで作成することが多いです。

両者の違いでいうと、htmlサイトの場合、深い階層からの被リンクをしにくく、たいていはトップページなどにぽつんと設置しているケースが多いようにおもうわけです。
ページランクなどを考えた場合、やはりトップページからの被リンクの効果が高いということになるのかもしれませんが、全部が全部、トップページからの浅い階層ばかりだといまいち効果がないという気もするわけです。

つまり、CMSでサイトを作成した方が、より自然な形でのリンクになると思うので、私はhtmlサイトよりもブログ形式で構築する方がSEO効果が高いと考えてます。
レンタルサーバーによってはオープンソースの自動インストールするタイプがメジャーになってきているので、そういうのを使用すると便利かもしれません。

月額数百円程度からのCMS可能なレンタルサーバーもいろいろあるようです。
http://blog-tips.net/article/115872348.html

selected entries
links
categories
archives
sponsored links