〜 更新終了のお知らせ 〜

当ブログの更新は2013年をもちまして終了いたしました。
来年もよいお年を〜。

<< アフィリエイト恐怖症の克服方法 | main | 優良なドメインの購入に費用をかけるべきだよね >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


アフィリエイト報酬とはいったい何なのか?

日本社会のおけるアフィリエイト報酬の存在意義を考えてみますに、
極めて特殊な環境におかれている報酬体系のように感じております。

個人的な面で申しますと、私の場合、
実質的な作業時間というのは、先月はせいぜい10時間程度なのですが、
それに対する報酬金額は、月給レベルでは東京都知事以上が
あるわけですので、「これはいったい何なんだろう?」
という不思議な感覚があるわけです。

もちろん、知事の退職金は数千万円はあるので、
あくまで月給レベルでのお話になるわけですが、
常識的な感覚でいいますと、知事の1万分の1ぐらいしか働いてないのに、
月収がそれ以上あるのは不条理の気がしてしまいます。

また、1日になおすと数十分程度しか労働してないのに、
月数百万円の収入があるというのは、一般労働者の方に対して、
どこか申し訳ない気もしてしまいます。

誰もがいわないことかと思いますが、
アフィリエイターの報酬は高すぎる傾向があるわけです。


ただ、世の中には、時給換算で数百万円の方もいらっしゃり、
BNFさんなんかが有名ですが、累計数百億円を稼ぎ出している方も
実際にいらっしゃいます。

これらに共通しているのは、すべてが“不労所得”である点にあります。


「働いたら負け」という格言がございますが、
これは現在の日本社会の実情を的確に表現している言葉ではないでしょうか。

労働環境がねんねん厳しさを増す日本社会を生き延びるうえで、
時間を切り売りする形での報酬を得ているようでは、
時間の無駄といっても過言ではありません。

今後はアフィリエイト報酬などに代表される
不労所得をいかにゲットしていくかが焦点となっていくことでしょう。


スポンサーサイト


selected entries
links
categories
archives
sponsored links