〜 更新終了のお知らせ 〜

当ブログの更新は2013年をもちまして終了いたしました。
来年もよいお年を〜。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


月収100万円スーパーアフィリエイターの実際のところ…

先日、月に100万円稼いでいるアフィリエイターが、フェラーリを買ったとかいうランディングページを見ていたのですが、ぶっちゃけ、100万程度ではセレブな生活にはぜんぜん手が届きません。

月収100万円のスーパーアフィリエイターとかいうと、思わずスゴイナーとか思っちゃう初心者の方もいるかもしれませんが、実際のところでいえば、そうそう贅沢ができるわけでもないのです。

月100万円でも年収1200万円程度なわけで、そこから経費を200万ひいて、税金で300万ひいて、生活費で300万円ひいてって感じになれば、使えるお小遣いは正味、400万円ぐらいなものです。

400万円ではポルシェも買えませんし、フェラーリも買えませんし、ましてはマンションなどはもってのほか。つつましい生活を送らざるを得ないのです。

一方、これが月収150万円ではどうでしょう?

年収1800万円ということになりますが、この段階で税率がマックスに達してしまいますので、50%の税金がかかることになります。そうるとどうしたことでしょう、1800万円の収入があったとしても、なんだかんだで手元に残るお金は少ないのです。
外車や別荘などもってのほか、いたって普通の生活をすることにかわりありません。

ただ、毎日、1万円ぐらいは自由に使えるお小遣いができるかもしれません。おそらく、数万円単位の買い物では、値段を気にすることはなくなるはずです。たぶん、10万円程度の買い物でも、あまり躊躇することはなくなるはずでしょう。

けれども、フェラーリやマンションを購入するには、月収で1000万円程度がないと、おそらくはぽんぽんと買えないはずです。月収100万といっても、急激に生活レベルが上がるわけではなく、そのへんのサラリーマンとたいして違いはないというのが実際のところなのです。

アフィリエイトよりもネット上の株取引で稼ぐ方が効率的

ネット収入を得ようとする際、株取引をやっている方も多いのではないかと思います。
株取引をする場合、オフラインでの証券会社を利用するよりも、ネット証券会社を利用した方が手数料が少ないわけですので、アフィリエイトと同じようにチョイスされる人も多いです。

けれども、アフィリエイト収入と同程度を稼ぐことを考えると、100万円や200万円程度の投資金額ではあまり、効率的とはいえないものです。仮に100万円を投資した場合、月に100万円を稼ぐには100%の利益率がないといけないわけですが、たいていの場合、10%〜20%程度もいけばいい方なのではないでしょうか。かえってマイナスになる人も多いわけですので、資金力が少ない場合は、それほどおいしいというわけではないかもしれません。

ただ、1000万円〜2000万円程度の資金力があれば、10%程度の利益率があれば、毎月100万円程度を稼ぐことも可能になるわけです。それに加えて、アフィリエイトと比較すると、サーバー代やドメイン代、あるいは外注費などの経費がかからないという点もメリットがあります。

さらに、一番のポイントは税金面にあるかもしれません。

仮に、アフィリエイトで毎月150万円の課税所得があるとしますと、ほぼ、40〜50%程度の税金がかかってしまうわけですが、株でもうけた場合の税金は、今年は特別措置の期間中ですのでたったの10%程度です。

同じ年間1800万円を稼ぐとしても、アフィリエイト収入には税金や経費がかかるので、手元に残るのは1000万円程度もいけばいい方です。一方、ネット証券で1800万円を稼いだ場合だと、1600万円以上は手元に残る計算になるわけですので、はるかに効率がよいものといえるわけです。

がんばってアフィリエイト収入を得たとしても、半分も税金でとられるぐらいでしたら、労力とエネルギーをネットで稼ぐ収入形態を株取引に集中させていくというのも、効率よく稼ぐポイントといえるでしょう。

イメージとしては、毎月100万円程度をアフィリエイトで稼ぎ、その収益を株取引につぎ込んで、マッチポインプ形式で稼ぎを増やしていくといいかもしれませんね。

静かなアフィリエイト環境を整える

 アフィリエイトをするには、落ち着いた環境が必須の要素だと思います。この点、レンタルオフィスなどを借りてサイトの運営をされている方もいるかと思いますが、朝、昼、晩のいつでもネットにアクセスできる環境というのが一番はかどるのではないでしょうか。

ただ、次第にアフィリエイト報酬が増えてきますと、広告掲載の依頼とか意見交換とか、何だかんだと対応するものが多くなってくるものです。訪問者からの質問などもあるでしょうし、あるいはサイト売却の話とか、いろいろ出てくるものですが、いちいち対応していたら、アフィリエイトをする時間がなくなってしまうことになるわけです。

この点、法人などでSEO会社をしている場合、1日出社しましても、正味のSEO活動は5〜6時間といったところではないでしょうか。一方で、自宅アフィリエイターは16時間程度はサイト運営の時間にあてることができるわけですので、個人に軍配があがることになるわけです。

ただ、社会的、人間的な面では息苦しい環境になるのがネックになりますが、このあたりを乗り越えることができれば、サイトの収益は際限なく向上していくことになるでしょう。

アフィリエイトは、営業マンのようにバリバリやるのではなく、しずかに、そしてこっそり、もくもくとやる方が収益が発生しやすいものなのです。

アフィリエイターで結構です。

先週、とある会社員の方と会食をしたのですが、わたしのようなアフィリエイトで生活しているものからみると、やはり考え方が違うように感じてしまうのです。
会社員ともなると、副業は禁止されている方がほとんどかと思いますが、収入を増やすすべは出世ということしかないようなんです。

そのために、さまざまな努力をされているようなのですが、それでも、せいぜい月10万、20万ぐらいの昇給アップが限界なのではないでしょうか。
月収数百万円を稼いでいるアフィリエイターからみると、10万、20万の増減は誤差の範囲内ですし、税金的なものもあるわけですので、ほとんど気にしていない方が多いかと思います。

けれども、会社員の方の場合、こつこつと残業をつみかさねたりして、その10万円を稼ぐことに多大なエネルギーを費やしているようなのです。また、がんばって出世したとしても、年収2000万、3000万を得るには、役員クラスになったとしても、けっこうムズカシイらしいのです。

この点、年収3000万円というのは、遊んでいるような私の場合でも十分に手が届く範囲です。もちろん、税金関係などは違うでしょうけれども、人間としてのエネルギーの使い方がどこか間違っているような気がしてなりません。

もちろん、安定性という面でいえば正社員の方に利点はあるのかもしれません。けれども、実際に月数百万円稼いでいる状況では、どんな状況になっても月20万ぐらいは稼げる気がしますし、借金がない状況で貯金もあるわけですので、つつましい生活をすれば、数年ぐらいは特に何もしなくても大丈夫な気がしてしまうのです。

この点で、むしろアフィリエイターの方が安定しているような気がします。

ただ、アフィリエイターというのは、社会的には敬遠されがちですので、この点をしっかりと認識しつつ、こっそりこそこそ稼ぐのが一番じゃないでしょうか。もし、社会的な体裁が欲しい場合、法人化して代表取締になるとかするのがいいと思います。

アフィリエイトの組織化計画

今までずっと一人でもくもくとやってきたアフィリエイトですが、最近は管理するサイト数が多すぎてとても手に負えなくなってきています。現在んところ300サイト程度を運営しているのですが、自分のチカラでは限界を感じてきている次第です。

おそらく、私の場合、多くても10サイト程度を管理するのが限界と考えているのですが、単純に考えると、自分がもう30人ほどが必要になるわけなのです。これが20サイト、30サイトだったらまだ何とかなるかとは思います。
けれども、300サイトはどう考えても不可能です。

月1で更新するとしても、1日に10サイトは更新しないといけないわけですが、それぞれのジャンルが違いますので、金融のサイトを更新した次にエンタメ、その次にサプリメント、次は証券関係など次々に頭を切り替えることは難しいわけです。

ですので、必然的に他人のチカラを借りなければいけなくなるわけですが、ライターさんとか、記事購入のような形を現状では考えている次第です。
ただ、ライターを雇うのが一番いいような気がしています。

正社員としてはちょっと難しいのですが、アルバイトのような形でも可能のような気がしてます。資金は豊富にあるので、月30〜40万円程度で依頼しようかなという気がしているんです。もっとも、ライティングにも能力の違いがあるわけですので、ちょっと難しい気もしますが…。

selected entries
links
categories
archives
sponsored links